ページを読み込んでいます

ペットが喜ぶ、幸せリノベーション「犬と暮らす編」

犬

「家族のための住まいを作るなら、ペットの住み心地もしっかり考えてあげたい!」というお客様、増えています。
 
というわけで、ワンちゃんもネコちゃんも飼い主さんも、みんなが喜ぶ“幸せリノベーション”アイデアをご紹介します。第一弾は、ベテラン愛犬家の私がおすすめする「犬と暮らす編」

やっぱり気になる、ニオイと鳴き声

「ウチって、もしかして犬臭い?」

急な来客などに、ふと頭をよぎる不安。

そんなニオイ対策に定評があるのは、珪藻土や多孔質セラミックなどの自然素材。壁材として取り入れることで、脱臭・調湿に効果を発揮します。

また、気になる鳴き声対策には、吠えないようにトレーニングするのが最善ではありますが、壁や窓を工夫する解決法もあります。隣家に配慮したい場合は、隣との境の壁に吸音材や遮音シートを埋め込みます。外に対して配慮したい場合には、窓の内側に内窓を設置し二重窓を設置するなどの方法があります。

健康に関わる!床問題

室内犬の健康面の悩みと言えば、腰痛。

畳ならともかく、固くて滑りやすいフローリングの上で暮らす犬たちの足腰には、大きな負荷がかかっています。
その負荷を減らすには、スギ、パイン、ヒノキを使った無垢材フローリングがオススメ。ただし柔らかい木質で足腰に負担が軽減される一方、爪によるキズや尿などのシミがつきやすいという一面もあります。

愛犬家としてお勧めしたいのが、クッションフロアシート!名前の通りクッション性が高く、汚れに強い!そして色んなデザインがあるのも魅力的です。

私が自宅をリノベ した時はリビング、廊下、パウダールームと愛犬がよく居る場所を全てクッションフロアにしました。どうしても無垢材フローリングがいい場合は、ペット用の床材、コルクやカーペットを敷いて対応するなどの方法もオススメです。

愛犬のリクエストに応えて

大昔、洞穴や洞窟に住んでいた習性から、犬は囲われた狭い場所を好みます。

確かに、椅子の下や棚の下など、なんで?というような変な場所でよく寝ている気がします(笑)。
そんな彼らのために、専用くつろぎスペースはいかがでしょうか。

作り付けの本棚や飾り棚の下などに、クレートと同サイズ程度のスペースを作り、ケージで開閉可能にしておけば、インテリアの邪魔にもなりませんよね。

部屋から部屋へ通りぬけできるワンちゃんトンネル、暑さに弱い犬のためのひんやりスペース、などなど、アイディアはまだまだたくさんあります。

「愛犬のための快適な住まいを実現したい」というお客様は、ぜひリアルキューブにお声がけ下さいね。愛犬家として一緒に住まいづくりのお手伝いをさせていただきます!

ページトップに戻るGO TOP
フリーダイヤルアイコン0120-323-432