ページを読み込んでいます

自分の暮らしにフィットする、部屋の方角を探そう。

部屋の方角を決めよう

『南向きで日差したっぷり♪』
お部屋を探すなら、光がたくさん入る明るいお部屋に憧れますよね。でも、ちょっと待ってください。自分の生活リズムに本当に合っているか、一度立ち止まって見直してみませんか?

今回は、東西南北お部屋の向きについて、検証してみたいと思います!

お家で過ごしたい派の方に!南向き

南向きは日中通して日当たりが良く、洗濯物がよく乾くだけでなく明るい日光が部屋の中まで届くので、家で過ごすことが多い方にとっては素晴らしい環境です。

一方で、インテリア好きで家具を大切にしたい方などには不向きかもしれません。日光が当たる時間が長いと、常に家具や壁紙などにも日差しが降り注ぎ、日焼けによる色落ちや劣化が早まる可能性が高くなります。また、容赦ない夏の日差しにエアコン代がかさむなどのデメリットも考えられます。

早起きさんにうってつけ!東向き

「朝日で目覚めたい」という方には、東向きがオススメです。午前中限定の日差しですが、人間のバイオリズムに合った健康的な生活が送れそうですね。午後には日が当たらなくなるので室温が上がりすぎず、暑がりの方にはメリットかもしれません。

一方、宵っ張りで朝が遅い職種の方や、お寝坊が好きな方には不向きと言えそうです。眩しい朝日が、安眠の邪魔となる可能性が。また、南向きに比べて日照時間が短くなるので、早い時間に洗濯物を干さないと乾きにくいのも難点です。

実は寒がりさんに向いている?西向き

人気はイマイチですが、意外なことに日照時間が一番長いのが西向きのお部屋だと言われています。西日というのは、太陽の位置が低く日差しが部屋の奥まで入りやすいのだとか。つまり「西向きの部屋は明るくあったかい」ということで、寒がりな方には向いているといえるでしょう。

もちろん逆に言えば、夏はとても暑いということ。エアコン代や、家具や壁の劣化など気になる点も多く、遮光カーテンや省エネ対策など、プラスαの工夫が必要になるかもしれません。

実は経済的にオススメ!北向き

日当たりが悪く、暗くて寒い。印象どおり人気のない、北向きのお部屋。洗濯物も乾きにくいため、常にたくさんの洗濯物に追われる大家族には向かないかもしれません。あまり人気がない分、家賃が低めに設定されているというメリットがあるので、少しでも経済的な負担を減らしたい方にはオススメ。一人暮らしの会社員の方など、日差しを気にせず生活できる方であれば、お得と言えるでしょう。夏は比較的涼しい反面、冬は寒さが気になる方もいるかもしれませんね。

東西南北どこにする?

お部屋の方角検証、いかがでしたか?

もちろん実際のお部屋では、建物の密集度や場所など条件によってさまざまな違いが出てくるので、あくまで参考としてご理解ください。今日のような検証以外にも風水にこだわって方角を決める方もいます。面白い風水の話はまた今度。

ご自身のライフスタイルに合わせ、いろいろ検証してみてくださいね!

ページトップに戻るGO TOP
フリーダイヤルアイコン0120-323-432