ページを読み込んでいます

風水から見るインテリア「開運カーテンカラー」

風水から見るインテリア

風水を簡単にまとめると、中国4000年以上の知恵を統計した、開運のための環境づくりです。

占い?ゲンかつぎ?風水の捉え方は人それぞれですが、良いことを取り入れる住まいづくりもまた選択のひとつ。

住空間を「風水」で整えることで、より快適な住まいを手に入れ、気持ちの良い暮らしをすることにより、自然に気が整い、その結果運気が良くなっていく。そんな意識で取り入れられたらいいですね。

今日は風水から見るインテリア「カーテン」編をお届けします。

部屋の中で、目立つ部分はどこ?

壁や床?それとも家具?

意外にも、かなり視界を占めることになるのが、カーテンなんです。そんなお部屋の顔になるカーテンをどう選ぶか、風水的目線で見てみましょう。

北向きの窓には

北の方角に合うのは、暖かみを与える暖色の色合い。ピンクやベージュ、アイボリーなどがオススメなのだそう。

また、恋愛運などに関係する方角なので、花柄やリボン柄などの華やかなデザインもよい影響があるそうです。

東向きの窓には

東にオススメなのが、青系のカーテンだそうです。東は、仕事や勉強、人間関係などに関連する方角なので、向上心アップにつながるストライプ柄などを取り入れるとよい影響があるそうですよ。

南向きの窓には

南向きの窓は、名声や成功などの人気を呼び込む方角なのだとか。「木」に関するものと相性がよいため、明るいグリーン系やベージュ系の色合い、リーフ柄などの植物モチーフのデザインがオススメとされています。

西向きの窓には

西向きは、金運と関連がある方角。金運アップに効果があるとされる、黄色やゴールド、白と相性がいいそうです。

なお、西日をしっかり遮断するのが浪費抑制に効くそうなので、日差しを遮る遮光カーテンをチョイスするとよさそうですよ。

風水に関する情報は様々なサイトや書籍で紹介されています。カーテン選びに迷ったときは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

年末の大掃除

ちょうど良い片付けのタイミングがやってきました。暮らしに風水を取り入れ、良い運気を呼び込み、新年を開運パワーで迎えましょう!

ページトップに戻るGO TOP
フリーダイヤルアイコン0120-323-432